白い歯は現代人のマナー?審美治療の進化を学ぼう!

審美治療に大きな変化をもたらしたセレック治療の詳細

歯の審美治療は人工の詰め物を手作業で作り、微調整を行って仕上げるのが従来の流れでした。日数が長くかかってしまう他、口内の環境の変化でずれや変形が生じることもあるので必ずしも良い結果に繋がるとは限らない問題がありました。微調整を繰り返すとそれだけ費用も嵩む点も問題点の一つです。そのような中で生まれたセレック治療は従来の問題点だった治療の長期化を解決する画期的なものです。詰め物の設計から作成まですべての作業を専用のコンピューターで行うので、手作業と比べて大幅な時間の短縮が可能になっています。また、詰め物の耐久性も高く、変色や欠けなどの不具合に見舞われる可能性も殆どありません。そのため、いつまでも白く綺麗な輝きを保つのが大きな特徴です。

印象を大きく変える白い歯の維持はセレック治療が最適

人の印象は口元、特に歯の状態で大きく変わります。おしゃれな格好をしていても歯が汚れているとそれだけで汚らしくだらしない印象を与えてしまいます。不快な印象は対人関係に悪影響をもたらすので、白く綺麗な歯を維持することが現代人のマナーです。歯を白く輝かせる審美治療は色素の脱色や手作りの詰め物を使うなどの方法が主流でしたが、汚れが残ったり質感が周りの歯と合わないなどの欠点がありました。その点、設計から作成までを一貫して専用のコンピューターで行うセレック治療は本物の歯と同様の質感を保ちながら綺麗で頑丈な仕上がりになります。そのため、周りには詰め物を使っていることを気づかれずに清潔な印象を持たせることが可能です。

セレックとは、コンピューターによって歯の詰め物や被せ物を作製する治療法のことです。金属ではなく、高品質のセラミックブロックを素材としているので、金属アレルギーの心配がないという特徴があります。