介護脱毛って何?介護脱毛の意味やメリットとは

介護脱毛の意味を簡単に

若い人がやることが多いアンダーヘアの脱毛。しかし、最近では40代~50代の女性でもVIO脱毛をする人が急激に増えています。将来、何らかの理由で自分が介護される立場になった場合を想定し、その準備として脱毛しておくのが「介護脱毛」です。アンダーヘアに排泄物が付着すると拭き取りにくくなりますし、毛が生えていると蒸れたり匂いを発したりということにも繋がります。両親を介護する時にアンダーヘアが邪魔で苦労した人が多く、そういう経験をした人が介護脱毛を決心するケースが多いようです。

介護脱毛のメリットとは

介護脱毛をすれば、介護者の負担を軽減することができます。毛に排泄物が付着すると、キレイにするのが大変です。排泄物が毛に絡まり、デリケートゾーンに排泄物が残っていると炎症を引き起こし、感染症にかかるリスクも高まります。介護してもらう時だけでなく、脱毛しておけば自分でも簡単に汚れを拭き取ることができます。排泄介助では恥ずかしい思いをしたり、尊厳が傷ついたりすることもあるでしょう。脱毛し、デリケートゾーンを清潔に保つことができれば、人に見られた時の恥ずかしさも少なくなります。介護脱毛は介護する側や介護される側、双方に大きなメリットがあるのです。

介護脱毛をするならば早めに

クリニックやサロンで使用されている脱毛器は、黒い色に反応するレーザーを照射し、脱毛していきます。そのため、白髪になってしまうと黒の色素細胞がないため、脱毛することができなくなってしまいます。VIOに白髪ができてしまう原因は、頭髪に白髪ができるメカニズムと同じ、つまり老化です。介護される年齢、立場になり、脱毛したいと思っても白髪が生えていると脱毛ができなくなってしまいます。

見えない部分だからこそ気をつけたい、デリケートゾーンの脱毛です。蒸れやすいデリケートゾーンを清潔に保つことができます。VIOライン脱毛をすることで、下着や水着の選択肢が増えおしゃれの幅が広がります。