知ってますか?ほくろ除去のメリットとデメリット

ほくろ除去にはどんな方法があるのでしょうか?

ほくろの除去には大きく分けて2つある事を知っていますか。1つ目は、ほくろを皮膚と一緒に切除する方法で、2つ目の方法はレーザーを使って少しずつほくろを削っていく方法です。ほくろを切除する方法の場合はメスを使って切り取りますが、この方法は保険を使うことが出来ます。一方、レーザーを使う場合は保険を使うことが出来ません。ほくろの組織によって除去方法が異なりますので、まずは皮膚科または美容外科へ受診して相談してみましょう。

ほくろを除去するメリットにはどんなものがあるのか

ほくろを除去するメリットは、お化粧が楽になったりコンプレックスが軽減したりなど、美容に関するメリットが多いと言えるでしょう。ホクロを隠す為にコンシーラーを使っていた場合、ほくろを除去した後は普段よりも薄化粧で大丈夫になるので、メイク時間が短縮するというメリットも得られます。また、実際にほくろを除去した方の中には、スッピンの状態に自信が持てるようになったという声もあります。普段のメイクに時間をかけたくないという方や、ほくろに対してコンプレックスが強い方は、ほくろ除去を検討してみてはいかがでしょうか。

知っておいた方が良いほくろ除去によるデメリット

ほくろ除去には、メリットが多い一方で少なからずデメリットもあります。例えば、ほくろ除去後の傷あとです。切除法でほくろを取り除いた場合は、メスで切り取った場所や縫合した場所に傷口が残る可能性があり、レーザーで切除した場合は、ホクロがあった場所に赤みが残る可能性もあります。もしも、これからホクロを除去したいと考えている場合は、こういったデメリットもある事を知っておいて下さいね。

ほくろ除去は皮膚科でも出来ますが、傷跡の修正や仕上がりの美しさを考える場合には美容皮膚科や形成外科で受けるという選択肢もあります。