腰痛が酷い!どんな病院に行ったらいいの?

腰の痛みを感じたら早めに対処を

姿勢や座り方で腰痛になってしまった経験が誰もが一度はあることでしょう。安静にして楽になればいいのですが、様子を見ていても余り改善がないときには他の治療方法で対処していく必要があります。病院に行こうと思ってもどんな科にかかればいいのか分からないという方もいますが、まずは整形外科で見てもらうのが一般的です。いつ頃から腰痛になり始めたのかというような問診もありますし、必要に応じて腰周りのレントゲンを撮ってどのような状態になっているのかを確認します。状態を把握してから必要な治療方法を提示されますので、医師と相談しながら処方箋をもらったり、コルセットなどを使い無理なく痛みに配慮しながら生活ができるようにしていきます。

日常生活で予防をしよう

腰痛も日々の生活習慣の積み重ねで発生しますので、なるべくよい姿勢を保って過ごすことが大切です。眠る時の寝具は柔らかめよりは固めの方がしっかりと腰を支えてくれます。急な動きをするのは腰に負担がかかるので、座ったり立ったりするような動作はゆっくり丁寧に行うことを意識して下さい。よく重いものを持つ時にぎっくり腰になったりするので、持つ時は一人で作業するのではなく誰かと一緒に行うのも良い方法です。服装もすっきりしている方がいいですし、靴はヒールなしまたは低いものを選びましょう。太りすぎるのもよくないので、慎重に応じた適正な体重を保てるように心がけてみて下さい。毎日の生活で少しずつ治していけば、腰痛も軽減されていきます。

腰痛の治療は民間療法から投薬療法、または温熱療法など多岐に渡ります。腰痛を注射で治療するという事は痛みの根源である神経群に直接アプローチを試みて痛みの鎮静や不愉快な感覚の遮断などを行う療法になります。