綺麗にムダ毛を処理したいなら知っておきたい!医療レーザーの種類や特徴

医療レーザーの種類とは?

医療脱毛のレーザーの種類にはアレキサンドライトレーザーやYAGレーザー、ダイオードレーザーがあります。

アレキサンドライトレーザーは医療機関で行われている脱毛で一番使われているレーザーで、実績もあるのが特徴です。メラニンに反応しやすいという性質を持ち、弱い力で照射してもしっかりとムダ毛を処理してくれます。発毛組織だけを破壊してくれるので、肌に負担を掛けずにムダ毛を処理してくれるのは嬉しいポイントです。元々はくすみやシミのトラブルを解決するための装着だったこともあり、脱毛をしながら肌の透明感を引き出すことも可能です。

YAGレーザーはレーザーの波長が長いのが特徴で、色黒の肌などメラニン色素が多いとされている肌にも対応してくれます。奥までしっかりエネルギーが届くので、肌の色を気にせずに処置が受けられるのです。色素沈着を起こしてしまっている場所やシミがある場所の脱毛に向いています。ダイオードレーザー も日本国内でよく使われている方法で、アレキサンドライトレーザーよりも優しくムダ毛を処理し、多少メラニンを含んだ肌でもしっかりとムダ毛を無くしてくれます。

照射方法による違いは?

医療レーザーには照射方法によっても種類があり、ショット式と蓄熱式があります。

ショット式は単発式とも呼ばれ、ムダ毛を無くしたい場所に照射口を当てて、単発のレーザーを肌に届けます。また位置を変えて照射し、ムダ毛を処理していくというやり方です。比較的強い力のレーザーを当てることになるので、人によっては多少の痛みを感じることがあります。蓄熱式レーザーは単発式のレーザーが一瞬でムダ毛を焼き尽くすとは違い、低出力のレーザーを当ててじんわりと熱を伝えていきます。

光脱毛は、完了後に毛が生えてくることもあります。料金が安いという理由だけで選ばないようにしましょう。医療レーザー脱毛は自己処理が不要になり、光脱毛の半分以下の回数で終わります。