美容に欠かせない成分!ヒアルロン酸ってどんなもの?

ヒアルロン酸ってどんなもの?

ヒアルロン酸はデンプンの一種で、元々人の体の中にあるムコ多糖類に分類されている成分です。実は人の体のおよそ7割はこの成分によって構成されていて、体の中の水分を維持する役割を担っています。

体の中にある時にはゼリー状で、主に皮膚や軟骨、目、脳などに多く含まれています。そんなヒアルロン酸は常に人の体の中にあるものの年齢とともにその量が減っていき、赤ちゃんの時を100パーセントと考えると40代の頃には半分程度になってしまうのです。そうなると体の水分を維持する力もなくなってくるため、定期的に外部から取り入れる必要が出てきます。

ヒアルロン酸の使い方と効果を紹介

ヒアルロン酸は水分保持の役割を担っていることから「肌に潤いを与える」効果を持っているほか、軟骨に含まれているので「関節痛を予防する」効果も持っています。さらに「ホルモンバランスを整える」効果を持っており、特に女性ホルモンのバランスを整えてくれるので生理周期を整えたり排卵を促す効果も期待されています。

使い方としては、一般的に化粧品などに含まれていることが多いことからスキンケアをする際に皮膚から取り入れる形になっています。それ以外にも飲むヒアルロン酸やサプリメントとして摂取されることも増えてきていて、手軽に使うことが可能です。

ヒアルロン酸の選び方のポイントは?

ヒアルロン酸は何でもいいというわけではなく、できる限り天然由来の安全性の高いものを選ぶ方がいいとされています。

またヒアルロン酸はそのままでは体内に取り入れられないので、皮膚から吸収するのであれば低分子・ヒアルロン酸注射を利用するのであれば高分子のものを選ぶと吸収しやすくなるようです。

目の乾きや疲れの治療薬として、水分を保つ効果があり乾燥を防いでくれるヒアルロン酸が配合された点眼液が使用されています。